<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
おしらせ


b0165409_1737172.jpg


[THE BOOK]ブック・アート展
10名の作家による[本]に棲む宇宙=オブジェ
2009年12月1日(火)ー10日(木)日曜休み
11:00ー19:00(最終日17:00)

東京都中央区日本橋本町1-3-1
03−3271−6693
ギャラリー砂翁・トモス


小さな絵+額展
10名の作家による小さな絵と額がならびます
2009年12月11日(金)ー23日(水)& 2010年1月8日(金)−13日(水)
11:00ー19:00

千葉市中央区春日2-2-9
043-247-5906
画廊 椿

b0165409_1771712.jpg




高橋洋子 Website
[PR]
by kachinas | 2009-11-25 17:44
germinate


b0165409_15594631.jpg



すべりこみセーフ
やっとこ[本]のようなものができました



PROCESS

TRIAL1
岡本かの子の短編小説「鮨」をばらばらに切り取る
断片化した紙片をクスリ壜に詰めシャッフルしてしばらくぼんやり眺める

TRIAL 2
晴れた日にクスリ壜からピンセットで任意に2枚の言葉の断片をとりだし
シャーレにならべて眺める
2枚の言葉の断片を織りこんだ小さな物語をつくる
A~Zまで26の物語ができたら綴じる

TRIAL3
材料
75gの半透明の古いトレ―シングペーパー
50gの半透明の古い方眼紙
表紙は透明フィルム・ダンボール・古いアルシェ厚紙・革紐

TRIAL4
ダンボールのぎりぎり端にブラックリングで綴じる
綴じるというより何かを積みあげるイメージ
半透明な紙が折り重なって文字と図が混じりあうA5サイズの本の形を展示する

TRIAL5
展示を見てこの作業が何だったのかをぼんやり考える
[PR]
by kachinas | 2009-11-25 17:18
Waltz for Debby
b0165409_10404329.jpg


俳句の作り方をすぐ忘れてしまう

「 言葉で景色をおいかけても 絶対に追いつかない 
言葉を罠のように立てて 待っていると 景色のほうから飛びこんでくる 」
と 俳句の作り方の秘伝を岸本尚毅という俳人が書いていた
さっそくノートに記録してときどき読みかえしたりしている
秘伝を読んでもあいかわらず俳句がどしどしできるわけじゃないから
5・7・5と指をおってみたり うなってみたり 毎回途方にくれる

絵の描き方もすぐ忘れる
どうやってこんなの描いたのかな・・・と思う
[PR]
by kachinas | 2009-11-24 10:59
you really got me

b0165409_1263255.jpg


寒い雨がふっている
柿ばかり食べすぎてしまった

このごろ体がカタイ
背中に五枚温感しっぷ
お腹と背中にカイロを貼って
ときどき咳なんかしながら
よぼよぼのおばあさんみたいになって
机のまえにじっとすわっている

プリンターの調子がどうもヘン
昨日から右往左往している
「黄色がでない」
[PR]
by kachinas | 2009-11-14 12:24
waterloo sunset

b0165409_1643676.jpg


豪徳寺へでて経堂まで歩いた
農大通りにあった古本屋は三軒ともなくなっていた
でもすずらん通りにおしゃれっぽくない古本屋を一軒みつけた

なんでみんなおしゃれになっちゃうんだろう
おしゃれなカフェとかおしゃれな古本屋とか・・・
おしゃれな山登りとか

そういえば「おしゃれな絵だね」
とか言われたことがある
やばい
[PR]
by kachinas | 2009-11-03 16:31